環境活動 | 環境・CSR | ヤスハラケミカル株式会社

Home > 環境・CSR TOP > 環境活動

環境活動

ヤスハラケミカルは、人や環境に優しい天然素材の原材料を生かした製品を開発・提供することはもとより、資源調達から製造、流通、販売まであらゆる企業活動において環境への配慮を行うことで、持続可能で豊かな環境づくりに貢献していきたいと考えています。

環境・安全に関する基本方針

1.天然物の有効活用による安全で環境負荷低減型製品の開発により、各産業分野における
地球環境保護(省資源、リサイクル、健康有害物の排除等)の推進に貢献する製品を提供することで社会に貢献します。

2.製品の開発から廃棄に至るまでのライフサイクル全般にわたり、環境負荷の低減を図り、環境保護に努めます。

3.無事故・無災害の操業を継続し、従業員と地域社会の安全を確保します。

4.原料、製品の安全性を確認し、従業員、物流業者、顧客等関係する人々への健康障害を防止します。

全従業員は、この方針の重要性を認識し、法令、規格及び社内ルールを順守するとともに、常に改善に努力すること。

2006年5月2日
ヤスハラケミカル株式会社
代表取締役社長 安原禎二

推進体制

図:推進体制

環境保全活動

省エネルギーの推進

省エネルギーの推進

中長期的な省エネルギー計画を策定し、製造部門・事務部門一体となって、省エネルギー活動を推進していきます。

CO2排出量の削減

CO2排出量の削減

総合的なエネルギー効率の改善を行い、CO2排出削減に努めます。
また、植物性の蒸留残渣等バイオマス燃料の活用を図ります。

PRTR対象物質の排出・移動量削減

PRTR対象物質の排出・移動量削減

PRTR法に基づき、毎年度届出対象物質の排出量及び移動量を報告しています。
排出量及び移動量の削減に努めてまいります。

産業廃棄物処理委託量削減

産業廃棄物処理委託量削減

分別、リサイクルに努め、産業廃棄物の削減及び原単位の低減を図っていきます。

ISO14001

  登録番号 登録日
■鵜飼工場 JCQA-E-0264 2006年7月24日
■新居浜工場 JCQA-E-0264 2001年6月25日
■福山工場 JCQA-E-0264 2013年6月10日

環境・社会報告書

環境・社会報告書

当社がこれまでに発行してきました環境・社会報告書をPDFファイルでご紹介しています。
この環境・社会報告書を通じて、皆様とのコミュニケーションを深め、活動のいっそうの充実を図っていきたいと考えております。どうぞご一読のほどよろしくお願いいたします。

各情報はPDFファイルで作成しています。PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Reader Download

お問い合わせは
こちらまで

お電話の場合

  • 東京事務所 TEL: 03-5159-3411
  • 大阪事務所 TEL: 06-6346-1578

9:00~17:30
(土・日・祝祭日・年末年始・盆休みを除く)

メールの場合

お問い合わせフォームへ

▲ このページのトップへ